読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェチロワイヤル、やります(その1)

「フェチロワイヤル」 – LOFT PROJECT SCHEDULE

こんなイベントをします。

4月22日(土)深夜 阿佐ヶ谷ロフトA

「フェチロワイヤル」

【出演】鶴岡法斎、雷神(AV監督)、麒麟(AV監督)、白虎(AV監督)

誰もが持っている自分だけがこだわる『性的嗜好』を語るトークイベント。そこにゲーム的要素を入れてお互いがトークしながら相手を採点して競うという新機軸。今宵、最強のフェチズムが現れる?

【ルール】出演者は定量のチップを所有してクロストーク。誰かの話に「共感」もしくは「驚嘆」した場合、チップをその感情の量だけ渡す。最終的にチップの一番多かったものが優勝。

 

まあ内容については当日会場で、ということで、ここでは出演者のことを少し。

今回は麒麟監督のことを書きます。

作品は以前から存じていましたが昨年イベントで知り合って急速に親しくなりました。

矛盾した表現ですが非常に感じのいい、頭のおかしい人です。

AV監督として取られているのは「ごっくん」「食ザー」です。

女性が精液を飲んだり食べたりする作品ばかり撮っています。

これは自分の性的嗜好に拠るものなのですがインタビューや手コキ、フェラなどはとても見ていて興奮する作品です。画も綺麗で編集がうまい。でも女の人が食品に精液をかけて食べるシーンになると自分は性的に無反応になります。

絶対に上手に作ってます。自分にその趣味がないのが悪いのです。何かルールのわからないスポーツを見てるような感じ。

前に麒麟さんに、

「普通のAVは男優が射精するところで感情移入して見てる方も射精する。ごっくん、食ザーは射精してから話が始まるようなものなので難しい」みたいなことをいいました。正直、そのジャンルで仕事をされてる人にとって失礼とも受け取られる意見ですが、自分はちゃんと麒麟さんと人間関係を構築したかったので、そう伝えました。すると麒麟さん、しばらく考えて、

「そのわかんない世界の、先にあるものが見てみたい」と。

冒険家かロックスターのようなかっこいいお言葉。

普段はなんだかんだでからかったり弄ったりしますが、基本的にこの人を信用して、尊敬しようと思いました。いまでもずっとそう思ってます。